日本は映画のイメージに引きずられている?

日本といえば最先端のテクノロジーやアニメが挙げられます。『made in japan』というブランドは日本人の誇りではないでしょうか。

海外では日本ブランドは一段上の存在です。衣類や電化製品だけではなく新幹線もそうです。少し変わったところでは高所作業車のメーカーとして有名な『(株)タダノ』のクレーン車も有名です。

クレーン車が有名となったきっかけは、1960年に起こったチリ地震と津波によってイースター島にあるモアイ像が倒れましたことです。そしてモアイ像の修復作業に名乗りを上げたのがタダノです。

そのような背景もあり東日本大震災から2年後の2013年にチリから宮城県南三陸町にモアイ像が贈られたというのは余談ですね。

海外から見た日本がテーマですからモアイの話しはこれくらいにしておきます。ようするに日本の企業努力もあり日本に対するイメージは確実に上がっているといえます。

それでも知らない人は知りません。しかも海外で作られる映画やドラマの影響を受けておかしなことになっています。海外で日本人と言ったら「出歯でメガネをかけ、首からカメラを提げ、いつでもどこでもピースサイン」というイメージはもはや基本です。

とはいっても来日したことのある方を筆頭とした大多数の方はちゃんと理解しています。このブログを読む前にこのことだけは理解しておいてください。

海外から見た日本はイッツ・ファンタジー

ある人は言いました。日本人はロボットであると。

もちろんジョークとして言われたのですがこれには2つの意味があります。勤勉で仕事に対して手抜きをしない。そしてロボットのアニメです。機械のように働き、休憩時間でさえ仕事を行う。もしかしたら心当たりのある人もいるかもしれません。海外では仕事と休憩を分けている人が多いため良い意味も悪い意味も込めてロボットと呼ぶこともあります。

実際には海外の人にも休む間を惜しんで働いている人は大勢います。ただ日本人の場合は一般社員でさえ懸命に働いていたためこう思われているだけです。そしてもう一つの「ロボットのアニメ」は見たことはなくても思い浮かべることが出来るのではないかと思います。

さてここで質問です。最近では「ロボット」に3つ目の意味が生まれたことをご存知ですか?

日本では実際に小型ロボットがいますね。Hondaのアシモ君やサイバネティックヒューマンという不気味な女性型ロボット『未夢(ミーム)』ちゃんなど、本当のロボットが生まれました。

こういったロボットに関する報道やネット情報を鵜呑みにしてしまい、SF的な世界をイメージして来日した海外の方はガッカリして帰る、という冗談のような話しがあります。これは極端な例ですがこういった勘違いがあるのもまた事実です。

笑いを通り越して呆れてしまうような話しもありますが私たちが海外からどう見られ、どう思われているのか。このブログを通して笑いながら知ってもらえたらと思います。また余計な誤解を与えないために国の名前は極力出さずに書きます。その点はご了承ください。(※この記事を読んで、映画が見たくなった!だけどお金がない!という方はコチラから→「即日融資」手続きが簡単な会社ばかりですよ。)

日本に行ってHENTAIの仲間入り?必死で止めたとある一幕

日本には変態がいる。そう思っている人がいます。とはいっても全員がというわけではありません。どちらかと言えばコアな極々一部の人たちの中での話しです。それでも私の知っている人は日本人男性に敬意を払ってHENTAI(変態)と呼びます。

このHENTAIという語句はネット上に出ているので調べてもらえばすぐに分かります。そもそもはジャパニーズポルノや変態アニメなどを指す言葉でしたが最近ではあらゆる面でHENTAIと呼ばれたり書かれたりしています。「萌え」と呼ばれるモノも過剰すぎるとHENTAIと呼ばれます。

日本がHENTAIと言われる理由の1つに日本と海外の規制の違いが挙げられます。日本のアニメは基本的に自由で海外からすると規制が緩いと思われているようです。例えば銃を持てる国では銃が別の武器に替わったり、ミニスカートが長いスカートに替わったり、女性キャラクターの入浴シーンでは水着を着せたり。ちょこちょこ変わります。

アニメは基本的に子供が見るものですからある程度の配慮は必要です。そこには賛成しますが最近は反応が過剰すぎない?と思わなくもありません。日本のコメディ番組も同様の傾向があり、どの番組も似たり寄ったりの内容となっています。見ていても面白くないので最近は見ませんね。『風雲!たけし城』とか面白かったんですけど、あれはお笑いというよりガチンコ番組?

今は過度な内容にするとクレームが来るみたいです。そしたら見なきゃいいのにと思うのですが子供は見ちゃいますからね。ちなみに私が子供のときはお笑い番組を見るのは基本的に禁止されていました。なぜたけし城を見ていたのか思い出せません。

本題とズレてしまいましたが海外では表現が変わってしまうということです。簡単にまとめると海外では洋服や武器の類には制限があり、日本は18禁とかの制限があるくらいですね。だからアニメ好きな大人たちは規制の緩い日本に行きたい、日本でアニメを観たいと思ってしまうのかもしれません。

ここで登場するのがHENTAIの国に憧れている残念な彼です。まだ20代前半の若者です。彼は生粋のオタクだったのですが流暢な日本語で言ったんです。

「日本で本物のHENTAIと交流をしてきます」

あのときは本当に焦りました。大体、目の前に日本人がいるのに、どうして日本がHENTAIの国だと思うのでしょうか。私を基準にして考えたら分かる話しです。いや、私を基準にしているから…かな?んなわけない。私は普通の男児ですから。

「HENTAIは日本でも異端扱いだから諦めなさい」
「そんなはずはない」

さすがHENTAI。心臓が強い。そして頑固だ。でも本当にどうしようと思いましたよ。まるで私が例外みたいに思われているんですからね。HENTAIは一部で、私が普通だということを必死に説明しました。最終的にどうにか理解してくれました。理解してくれたと思っていました。

彼は結局、来日したんですよね。そして帰国後に「本当だった」と言っていました。あれだけ説明しても半信半疑だったのかと愕然としたものです。そんなに私は信用がないのでしょうか?良く真面目そうと言われますが、1週間もすると「見た目詐欺」というありがたくないお言葉を頂戴する人間なので信用はされないか。

それでも私が話していたからショックはなかったらしく、彼なりに楽しんだみたいです。どこに行ったのかは彼の名誉のために内緒にしておきます。

最後にもう一度忠告です。彼のように極端な勘違いをしている人は超少数派です。9割以上の人はちゃんと分かっています。その点だけは忘れないでくださいね?

『日本人=空手』そして彼が真似したのはカンフーでした

海外では「日本人だから~ができる」「~を知っている」と思われています。例えば日本料理や寿司を作れて、華道や茶道について知っているといったところです。そんな超人みたいな日本人ってどれだけいるんでしょうね。

それに日本文化について日本人は驚くほど無知だったりします。かくいう私だって料理だけでなく、キャラ弁も作れません。茶道なんかの「道」についても机上で勉強はしましたが習ったことはありません。身近にあるから知らない。遠い地の文化だから知っている。往々にしてこういったことがあります。

そして海外の場合は、近くに学べる人がいないことのほうが多いのです。だからこそ、習いたい、この身で感じたい、と燃え上がるものです。そこにドーン!降って湧いたように現れた日本人。チャンス到来!意気込んで話しかけると…

「ごめん。知らない」

ガーン。なんてこった。なんて話しが起こり得ます。実際に「日本人だから知っていると思ったけど知らなくてガッカリした」という話しを耳にしたことがあります。ですが日本人にとっては迷惑な話しですよね。神社の参拝方法さえ知らない人だっています。私のことです。何回調べても肝心な時に忘れていたりします。

日本文化は見た目よりも内面を磨くものが大半を占めます。知らなくて当然だ、と言えたらどんなに楽か。しかも海外の人で実際に学んだことのない人は見た目ばかりに反応するから困ったものです。

「剣道って銃には勝てないでしょ?」

言われるのはこれだけではなく、合気道や弓道もそうです。「(弓道の)あんなゆっくりした動きで敵が倒せるのか?」といった話しも聞きます。しかし日本の武道は心・技・体を鍛えるものです。実戦と切り離された「道」であり、根幹が違います。実戦と比較するものではありません。

そういう意味では華道などもそうですね。内面から磨くと言いますか心を育むものですから上辺を取り繕っても意味はないのです。

前置きが長くなりすぎましたがここからが本題です。日本人だから空手を習っている。そう考えている人もいました。最近は減ってきましたけどね。それでも1人だけいました。

「日本人って空手をやってるんでしょ?」

これまたテンプレート的な誤解です。「アメリカ人だから銃を持ってるんでしょ?」「黒人はラップとダンスが上手いんだよね?」「イギリス人は猟が趣味なんでしょ?」「南米人は陽気だよね?」。こういった質問と似たような内容です。

ただ質問をしてきた彼はその後が違いました。「こうやるんでしょ?」と言いながら披露してくれたのは映画で見たカンフーでした。しかも一生懸命やってくれたもんだから思わず笑ってしまいました。「あれ?違った?」なんて言われましたが面白かっただけです。

正直に習ったことはないと伝え、知っている範囲で空手を教えました。今、思い返してみると良い思い出ですね。海外に行くと習っておけば良かったと思うことは一杯あります。ネタにもなりますし、そういった話しを皮切りに仲良くなったりとかします。

日本であればタバコを吸う人はタバコを吸う人同士で仲良くなると聞きます。会社でもそうですが灰皿がある場所で良く顔を合わせますからね。何度も顔を見ると会釈からはじまり、そのうち自然と会話をするようになるのだそうです。

海外の人ともそうです。日本の文化を知っているとその話しから次第に仲良くなっていく、なんていうことがあります。ただし、くれぐれも嘘だけは教えないようにしてください。その嘘が広がって行き、間違えた日本の文化が伝わってしまいますからね。ご注意ください。

君は日本人じゃないよ!絶対違うと断言されたが日本人だってえの

海外から見た日本人の特徴って知ってますか?昔は出っ歯にメガネで七三分け。あとは首から提げたカメラでした。今ではデジカメが主流ですし、そんな人はほとんどいません。

こんなイメージを持たれている日本人ですが、イメージが定着したのは、昔は一部のお金持ちとエリートの会社員しか海外へ行かなかったからです。例として挙げるなら新婚旅行が分かり易いと思います。

1960年代から70年代の新婚旅行は宮崎県が一般的でした。その後、1972年に沖縄返還があり宮崎から沖縄へと旅行地が変わります。そしてバブル期となり裕福な人が増えていき、海外旅行が一般的となったのは1980年代です。70年代の後半あたりから次第に旅行先が海外へと移行していきました。

それ以前にも旅行していた人はいますが一般的ではなく、大半はエリート社員とかそんなところです。そして昔のエリートさんは七三分けが基本。七三分けが流行したのは明治維新のときだと言われています。『エリート=七三分け』だったんですね。知りませんでした。そのような人が外国へ行っていたんですから、そりゃあ「日本人は七三分け」となりますよね。

そして出っ歯については程度の差はあれ日本人の特徴でもあります。メガネもそうですね。ですから間違えているわけではない、と言えます。ただ現代では違うと思うんですよね。今では七三分けの人を探す方が難しくなっていますし、メガネからコンタクトに替えている人だって多くいます。

だから、もはや昔の話しです。だというのに、こういった時代遅れのイメージを持っている人に「君は日本人じゃない」と断言されたことがあります。「バ、バカなのか?」と思ってしまったのは事実です。その人とは仕事の付き合いでしたが初対面ではありません。だから余計に驚いてそう思ってしまいました。

「日本人は出っ歯で控えめでNOとは言わない。だから君は絶対違う」

ごめんなさい。生粋の日本人です。あと、これって褒め言葉?海外向きの人ってこと?モヤモヤしました。なんて失礼な人なんだ!と憤慨することもなく「日本人だっていろいろだって」となだめておきました。

全ての人がこうではありません。ただ思い込みの激しい人がいるのも事実ですからね。それは日本でも一緒か。思い込んだら試練の道を行けばいいものをどうしてこう、ああなんでしょうね(笑)。

映画の世界を現実と思い込んだり、アニメの世界の日本と思い込んだり。本当に世界はおもしろい。そういえば私も小さい頃にカブトムシの大きなモニュメントの写真をみて「ここにはこんなに大きなカブトムシがいるんだ」と思い込んでしまい、そのまま友達に話したことがあります。あの視線は痛かったなあ。

他にも替え歌を本物と間違えて歌ったり。私も一歩間違えば彼のようになっていたかもしれません。幸いにも周囲に指摘してくれる人がいたので今では注意するようになりましたけどね。

しかし「絶対違う」と断言されたのには驚きました。きっと彼を見ていた私の目は、幼い時に友人たちから向けられた目に近かったと思います。だって痛い子に見えたし、しょうがないじゃない。

こういった間違えたイメージを持たれているということは、日本人も海外に出ているとはいえ、まだまだ少ないということでしょう。どんどんバリバリ世界に出て欲しいところですが、出れば出るほど海外で悪戯する人も出る始末。落書きをしてみたり、いつでも・どこでも・誰にでもカメラを向けてみたり…ジレンマですね。

日本人には日本人の流儀があります。礼儀正しかった先輩たちが作ってくれた良いイメージを壊さないように気を付けてもらいたいところです。

寿司を作ってください!無理ですから勘弁してください

日本人といえば寿司。海外ではこの2つは固い絆で結ばれています。

「日本から来ました。よろしくお願いします」
「Oh!ス~シ~!」

「寿司ではありません。日本です」と言いたい。だけどざわめく心を抑えて、愛想笑いをしました。来日したことのない日本好きな人に挨拶をすると、たまにこういった反応をもらうことがあります。言っておきますがほとんどの方は普通です。たまにいる、というだけです。

でもね、ナイスミドルなおじ様が目をキラキラ輝かせて「ス~シ~」とか「サムラ~イ」とか言われると対応に困ると言いますか…そんな感じです。大抵は日本のイメージを口にしているだけですから連想ゲームみたいなものだと諦めるしかありません。

ただ日本のことに興味を持ってくれているということですからね。やっぱり嬉しいものです。しかし困るのは「日本人は寿司を作れる」と思っていることです。思うだけなら自由ですけど…思うだけならね?

「寿司を作ってください」

無理ですから。お願いだからキラキラした目を向けないで~。こんなふうに心の中で騒いだ経験があります。しかし言わなければ伝わらない。非常に残念なお知らせですが「ごめんなさい。作り方を知りません」と言いましたよ。頑張りましたよ。

そしたら案の定、落胆されました。ズキッと心が痛みましたが言わずにいられませんて。だって、料理については門外漢なんですもの。心の痛みに負けて急遽親に連絡して作り方を教えてもらいました。とはいえ、作り方が分かっても作れるとは限りません。

最後の手段で「みんなで作りましょう」と宣言して一家総出で作りました。それなりに近い味になったような気がしないでもないような。ただし手巻き寿司ですけどね。

握り寿司は長い修業期間を得て習得する技術です。素人が下手に真似をして作ると、これが日本の寿司だと誤解される恐れがありましたからね。我ながら素晴らしい案だったと思っております。誰でも分かることですけどが…。

そんなこんなで無事乗り越えましたが日本の寿司の人気は高まっています。ほとんどの方はご存知でしょうが寿司専門店も海外進出をしております。中には怪しい手つきで日本人風の人が寿司を握っているところもありますけどね。

寿司の良し悪しは、貧乏舌の私には分かりません。同じように寿司を食べたことのない人にも分かりません。だからって、寿司まがいの料理を日本の寿司として出すのはいかがなものかと思わなくもありません。ただ、そうはいっても、日本だって回転寿司とかは機械で作ったりしてますからね。似たり寄ったりですか。

聞いた話しでは高いお寿司は口に含んだときに、ほろほろとシャリが崩れるのだそうです。もちろん新鮮なネタも大事ですがネタは新鮮なら大抵は美味しいですからね。とか思っていたらネタのさばき方もいろいろあるようです。筋目に垂直に入れる。筋目に沿って包丁を入れる。などなど、あるようなのです。うーん。奥が深い。

日本料理は包丁さばきも芸術ですし、その包丁から生み出される繊細な日本料理に魅了されている海外の人も多くいます。同じ日本人として鼻高々ですが私には関係ないんですよね。なんたって私が作れるわけではないので。変に調子に乗ってまた作れと言われると悪夢の再来となります。それだけは避けたい。避けなければならない。

日本人が寿司を作れる、日本料理を作れるといった海外の誤解に振り回される日本人。それは私のことです。次からは「日本料理は芸術だから私にはできません」と言ってやろう。そう考えていると不思議なもので誰からも聞かれないんですよね。逆に言いたくて仕方がない今日この頃です。