アニメ天国ニッポン!アニメの世界が日本のイメージを作っている

現代日本の文化ともなった『アニメーション』は海外での評価も高く、海外でアニメフェスティバルも開かれております。それだけ日本のアニメは世界のアニメ好きを虜にしているということですね。

しかし、しかしですよ?アニメの世界が日本と思われたらどうなると思いますか?

宮崎駿氏の作品は高い評価を得ており、作品の数々を見てもそれが日本だと勘違いする人はいません。一種独特の世界を描いていますので問題はありません。問題はテレビで放送されている一般向きの作品です。

いえ、作品が悪いと言っているわけではありません。私も見ることはありますからね。そうではなくて、学園物であれば何気ない日常が日本の姿と思い、忍者ものなら忍者がいると思う。「いやいや。ありえないでしょう」と思うかもしれません。ですが実際に勘違いをしている人がいます。日本には忍者の学校があると思っている人もいました。

ジョークで言っている人もいましたが本気で勘違いしている人もいました。「kawaii is Justice(可愛いは正義)」と言った人もいます。「日本人か!」とツッコミましたが彼はひるみませんでした。

可愛いは正義。異論はありませんが「日本に行って本当のアニメに触れたい」と考えている人には辛い現実が待っています。わざわざ日本語を覚えて、日本語で書かれた漫画を読んでいるツワモノもいるくらいです。これは日本人が、洋画が好きで英語を覚えるのと感覚的には同じですね。

しかしアニメを見て勘違いしている人がいるのです。日本でオタクは少数派です。これは日本に住んでいる方はご存知でしょう。ある程度はオープンになってきていますが、まだまだ閉鎖的です。そのことを彼らは知りません。だから悲劇が生まれるのです。

「日本に行ったらジロジロ見られて肩身が狭かった」

彼は悲しげに肩を落としておりました。日本という国は独特の風潮があります。外国の人というだけで振り返ったり、不躾に見られたりします。日本人であっても不快に思いますよね?海外の方なら余計にそう感じますし日本は排他的と受け取られます。

日本人から言わせてもらえれば単に慣れていないだけなんですよね。特に地方では海外の人を見かけるのはマレです。私も地方出身ですから学生のときは学校に招かれていた外国人講師の人しか見たことがありませんでした。

ただ彼が落ち込んでいたのはそんなことではありません。薄々勘付いた方もいるかもしれません。そうなんです。コスプレです。日本人はコスプレに寛容で「いつでも・どこでも・誰でも」コスプレを受け入れてくれると思っていたそうです。

『アニメ天国のニッポン』は『オタクの聖地』である。そのような誤解を持ったまま日本を訪れると彼のように打ちのめされます。特に日本ですからね。「外国人」と「コスプレ」がミックスされるのですから、なおさらです。

これらは「日本」に対する勘違いです。最後に少しだけアニメの影響を受けた「日本人」のイメージをご紹介しましょう。これまた極端な例ですが日本人は「雨に濡れたら風邪をひく」、「エッチな場面を目撃すると鼻血を出す」、「パンをかじりながら登校する」が代表でしょうか。私が聞いた話しではこの3つが多かったように思います。

言われてみればアニメや漫画ではこういったテンプレート的な描写をみかけます。しかし雨に打たれて風邪をひくなら滝行(たきぎょう)はどうなるのでしょうか。高熱を出しそうですね。

以上のようにアニメや漫画が植えつけた誤解は少し変わっています。日本に興味を持ってもらう入口としては良いと思いますがおかしな勘違いだけはして欲しくないものです。