日本ではウォシュレットがデフォルトだと思っている外国の人

外国の人が日本に来てまず驚くのがトイレです。日本人でも「なんだこれ?」と思うようなトイレがありますからね。とあるゲームメーカーの出しているトイレは、男子トイレ限定ですが尿の勢いや量を測定する機能がついたものがあります。便器の上に液晶がついており、用を足しながらゲーム風に仕立て上げた映像を楽しむというものです。

本当に「なんだこれ?」と思いますよね。他にも女子トイレには用を足す音を消すために、水が流れる音を出す『音姫』なんていうものもあります。水の節約に一役買っている商品ですね。さらに、これまた女子トイレの話しですが、どこかのホテルのラウンジかと見間違わんばかりの設備が整ったトイレもあります。

これらの設備には私たち日本人でさえ驚くわけですから、海外の人が驚くのも無理はありません。

しかし海外の人が驚くのは機能の面だけではありません。その清潔さについても驚きの声をあげます。確かに日本のトイレは綺麗です。どこの施設のトイレを見ても汚れているトイレってあまり見かけませんよね?私も「綺麗だよなあ」と思ったことはあります。

でも、ある施設で清掃業を営んでいる人から聞いた話しですが、掃除をしているから綺麗なだけで、実際には汚いという話しです。特に(女子トイレに)個別の化粧ルームを設置している場所は飲み食いしてそのままだったり、ゴミを放置していたりと結構酷いようです。その他大勢の綺麗に使われている方は不快に思うかもしれませんがご容赦願います。私が言いたいのはそういった自分勝手な人もいるということです。

話しを戻します。海外の方はこういった日本のトイレに深い感銘を受けているようです。そして本題のウォシュレットもその一つです。ハリウッドスターたちも愛用し、心を鷲掴みにしています。

そんなウォシュレットですがある人から「日本人は毎日ウォシュレット付きのトイレがあるんだよねえ。いいよねえ」なんてことを言われたことがあります。見慣れた存在とはいえ、家にあるかと言われればNOです。賃貸マンションにはほとんど付いていません。

それなりの家賃がかかるマンションには付いているようですが私のような庶民派が住む独身用のマンションには付いていません。そのことを伝えると余程意外だったのか驚かれました。日本ではウォシュレットがデフォルト(基本)だと思っていたそうです。

まあ、勘違いするのも無理はありません。テレビや雑誌で紹介されるのはウォシュレットのことだけですからね。ウォシュレット機能が付いていないトイレを紹介しても、それはただのトイレの紹介でしかありません。ウォシュレットが付くからニュースに出来るわけです。

そしてウォシュレットと同時に人気があるのは暖房便座です。マドンナが来日した時に「日本で恋しいものは何か」と尋ねられて「暖かい便座」と返した有名なエピソードがあります。なんともウィットに富んだ返答ですね。日本人ではできない回答かも知れません。

とにもかくにも日本人全てがウォシュレットを使っているわけではない、ということは明言しておく必要はありますが(あるかな?)、日本のトイレが世界の人を虜にしているのは間違いないでしょう。日本の評価にも繋がるわけですしね。喜ばしいことです。

同時に「トイレにここまでするなんて、日本人は何かがおかしい(笑)」といった微妙な評価もあったりします。「日本人って真面目なのか?」と笑いながらいう人もいます。そんな人には「たぶん真面目に変なものを作ってるんだよ」と伝えます。ちょっとした笑い話ですがこういった話しで親睦を深めるというのも面白いものです。