中国は日本ではありません!逆もまたしかり

日本という国は小さい島国です。それなのに世界でも知名度は比較的高い。これは先達たる先輩方の努力の賜物と言えるでしょう。企業だけでなく個人としても国際社会に貢献しており、ボランティアや技術の提供を行ってきました。企業であれば今後の市場開拓の意味もあるとは思いますが貢献していることは間違いありません。

とはいえ、日本のことを知らない人だって大勢います。私の感覚では中国のほうが有名ではないかと思います。良い意味でも悪い意味でも有名です。それに日本が中国の影響を受けていたのは紛れもない事実です。

しかし現在では日本独自の進化を遂げています。独自の倫理感を持ち、独自の文化に変化し、独自の伝統を継承しています。ですから日本と中国を一緒にされるというのは日本人としては気持ちが良いものではありません。これは中国から見てもそうでしょう。

でもですよ?日本人ってあまり愛国心ってありませんよね?かくいう私もあまりありません。それでも日本をバカにされると腹が立ちます。ということは愛国心はある、ということなのでしょうか。

まあ、そんな話しはどうでもいいのですが日本と中国は国の大きさも違えば思想だって違います。文化もそうですね。中国という国が良いか悪いかという是非は置いておき、やはり自国が一番という思いはあります。やはりこれは愛国心でしょうかねえ。

私事ですが中国史は面白いですし好きです。『封神演義』や『三国志』・『水滸伝』は有名でしょう。他にも学生時代に習った『項羽と劉邦』などの面白い話しが沢山あります。それに中国史を読むと日本にある故事の裏側を知れるので非常におもしろいと感じます。

だとしても、それとこれとは話しは別です。中国史が好きだから日本と中国を混同されて嬉しいわけがありません。中国は中国で、日本は日本だ、と声を大にして言いたい。

とグダグダと書いていても仕方がありませんのでサクッと進めていきます。海外の人が見た中国人は、多くの日本人が感じているかもしれませんが「マナーが悪い」と言われています。どこでも迷惑をかけている、みたいに思われているようです。

ですが私が感じたのは、「ゆとり世代」の一部の若者より格段に上だということです。何度か中国人から道を聞かれたことがありますが不快な思いをしたことはありません。片言でしたが日本語で伝えようとする気持ちは嬉しいものですね。もっともゆとり世代と言っても大半は良い子なんですけどね。

日本でも年齢を問わず言葉使いが悪くて傲慢で相手を思いやれない人はいる。中国にも他人に迷惑をかけないように振る舞っている人はいます。ただ、そうはいっても程度の問題です。中国人が海外で迷惑をかけているのも事実です。荒ぶる中国人のせいで迷惑をこうむった日本人もいます。

大抵の場合は「日本人です」と答えると対応が変わるみたいですからその点は問題ありません。中には日本人のふりをして悪さをするアジア人がいるみたいですがそれも別の話しです。

そして中国と日本を混同する人はどちらの国にも興味がない人です。先入観を持っていないので嫌な目に合うことはありません。そういう意味では混同する人は貴重な存在でしょう。

先入観がないわけですから接しやすいですし。「日本と中国は別の国だよ」とだけ伝えればOKでしょう。日本人だって相手がどこの国の人なのか分からないことはありますからね。この問題はお互い様ということで割り切るしかありません。

以上で終わりですが中国が悪いという話しではありません。日本人は日本が一番と言う話しです。くれぐれもお間違いのないようにしてください。