日本には宗教がないんでしょ?いえいえ宗教はありますから

日本には寺院や神社が多くあります。それなのに宗教を持たない国民は多くいます。私もその一人です。信じ深くはありません。それなのにお寺巡りや神社へお参りに行くなど矛盾した行動をとっています。

自身では無宗教という信仰を持っているつもりです。海外の戦争なんて宗教に関するものが多いわけです。俗に言う宗教戦争ですね。私は特定の宗教を持たず、どんな意見でも良いものは取り入れるというタイプです。

しかしこのような宗教を持たない人というのは世界的に見ると非常に珍しいと言えるのではないでしょうか。(ヨーロッパでは宗教を持たない無宗教の人は大勢います。だから本当は珍しくはないのですが、便宜上「いない」としておきます)

以前にキリスト教徒の方から「どうして日本ではキリスト教が普及しないのか」と質問されたことがあります。そんなことを聞かれても私は日本人ですが日本の代表ではありません。「知るか!」と答えたい気持ちをグッと抑えて「宗教で争いがなくなったら普及するんじゃないの?」と適当に答えました。

でも実際のところはどうなのでしょうか。信仰心のない私にとって宗教というのは、個が集まった集団でしかありません。みんなで同じ経典や聖書などを読み、思想や意思を統一して協力していこう、みたいな感覚です。海外の人たちは個性が強いですからね。まとめるモノが必要だったのでしょう。そしてまとめる道具として生まれたのが宗教だった、というだけの話しかなあと考えています。

逆に日本人はモラルや礼儀などで団結しており、みんなが共通のルールを守ろうと意識しています。だから宗教の必要性がないのではないか、と思います。

ただ無宗教の人が多いからといって宗教がないわけではないんですよね。別の人から尋ねられたことですけど「日本には宗教がないんでしょ?何を信じてるの?」と聞かれました。「チミは何を言っとるのかね」と言い返しましたが本当にやれやれです。宗教はあるけど信仰を持っていない人が多いというだけの話しです。

日本人は無宗教。これも一種のステレオタイプとなるのでしょう。何かしらの信仰心を持つ人と持っていない人の割合がどれくらいかは分かりません。それでも5:5ということはないはずです。私の周りを見ると信仰心を持たない人のほうが多いように思います。

皆さんの周りで何かの宗教を信仰している人ってどれくらいいるか調べてみて下さい。私の周りでは5人です。いずれも祖父母や親戚ですね。そして日本人で、同世代の人であれば皆無でしょうか。上辺だけのエセ宗教家もいますがその人たちは除外しています。となると、やはり少ないですね。

まあ、海外の人からしたら信仰心を持っていないというのは不思議なのでしょう。洋画(特にアメリカ)を見ても宗教を絡めた話しは多くあります。それだけ浸透しているということでしょう。

さて、余談はここまでにしておきましょう。話しを戻して知人の「何を信じているのか」という質問に戻りますが、何を信じているのかと尋ねられたら「自分を信じている」としか言いようがありません。

それにまたまた私の話しですが神や仏がいるかいないかは別にして信じてはいます。科学では証明できない超常現象も信じています。ですが信仰心はありません。そういう人って日本では多いと思います。中には神も仏も信じず、超常現象も信じないという人もいるでしょう。いわゆる無神論者ですね。

そのあたりは人それぞれですが、神や仏を信じていても信仰心はない。これこそ矛盾で、これこそが日本人というものなのかもしれません。うーん、神秘です(笑)。

あなたは神を信じますか?

日本人女性にはブランド物が必須?お金がかかるとグチるイケメン

海外から見た日本の女性といえば「やまとなでしこ」と「ブランド」です。ブランドについては日本人から見ても否定はできません。バブル期にグッチやエルメスといった海外ブランド品が流行しましたが、これは今でも変わることなく人気があります。

海外でブランド品を持つ理由は「丈夫で長持ちする」からです。一部のセレブたちがおしゃれのために持つこともありますが基本は長持ちするからです。海外での日本製品の評価と同じ理由ですね。だからブランド品を買い漁る日本人女性は海外の人の目にはおかしな存在として映っています。

一例をご紹介しましょう。

「日本人の女性はブランド品が好きだよね?」

知り合いのイケメンさん(海外のお方)はため息を吐き「お金がかかる」とグチりました。それなら付き合わなきゃいいのにと言ってしまいましたが「それは違うよ」とのことでした。

「女性に喜んでもらうために僕はいるんだ」

さすがはイケメンさん。凡人の私とは言うことが違う。続いて「どうして日本の女性はブランド品が好きなのかな?」と聞かれて、私も困りました。私は全く、全然、微塵もブランドに興味がありません。使えればOKですし、私の知り合いの日本人にブランドが好きな人がいないというのも大きいですね。

大抵はブランド品を持っていても「ブランド物が欲しかったんじゃなくて、この財布が欲しかっただけ」という普通の理由です。たまたま選んだ財布がブランド品だったというだけのようです。

そこで彼女たちに「ブランド物をプレゼントされたら嬉しいか」と聞いたら、「ブランドより中身」ということでした。私の周りに限定するとブランド物が好きな女性は少数派なんです。ブランド物を持っている人でも持っている理由は海外の人たちとさほど違いません。

後日、そういった話しをイケメンさんにしましたが目からウロコだったみたいです。私自身も予想外でしたからね。驚くのも無理はありません。「そうなんだ」と納得し、普通のプレゼントを用意することにしたようです。相手の女性が誰なのかは知りませんがブランドではなくとも喜んでくれるに違いありません。失敗しても責任はもちませんけどね。

そしてイケメンさんは親日家ですから良いほうに考えていましたがその他大勢は鼻で笑っていたりします。中には「日本の女性は個性がなくてつまらない」と言う人もいます。ブランドにこだわらない多数の女性は反発すると思いますが、「ブランド好きの日本女性」というイメージは日本人である私でさえ持っていたくらいです。

しかし卑屈になる必要はありません。日本は個性より強調性を大切にします。「個性がない」というのが日本の「個性」なんです。会話なんかでも「普通はさ」とか「一般的には」なんてことを言いますよね?

つまり『個』を大切にするのが海外で、『全』を大切にするのが日本です。極論を言えばみんながブランド物を持っているから自分も持とうと考えるのは良い意味で「日本人だから」とも言えます。海外の人とは考え方が違うのだから最初から相容れない関係なのです。ですから何と言われようと誇れば良いのです。声を大にして「ブランド物が好きで何が悪い!」と言ってやれば良いのです。

みんなで叫べば怖くない。それに宣誓しておけばブランドに興味のない日本人を助けることにも繋がります。自信を持って伝えれば「日本の個性」が世界に伝わるはずです。立ち上がれニッポン!

日本人は細かい仕事が得意?計算を押し付けられて非常に困った

海外では「日本人は数字が得意」という誤解があります。海外で働く人なら一度は言われたことがあるかも知れません。

「日本人だから計算が得意でしょ?」

ストレートにこう言われたことが何度かあります。そもそも私は計算も細かい仕事も苦手です。しかし言われることは覚悟していましたから「苦手です」とキッパリお断りしました。日本人の通過儀礼です。諦めるしかありません。

イメージが先行しており、日本人は机に向かってコツコツと仕事をこなす。これが海外から見た日本人の働いている姿です。でも日本人がイメージする日本人の働く姿も同じですね。だから間違ってはいませんが計算が得意かと問われると違うとしか言いようがありません。

どうしてこういったイメージが持たれるようになったのかについてですが、原因は3つあります。根本的な原因は日本の伝統文化や技術力です。日本の伝統的な工芸品を見たらわかりますよね。細かな細工と美しい見た目。私たち日本人から見ても匠の技は目を見張るものがあります。

それからロボットや家電製品などの技術力もそうです。多機能で頑丈。それでいて長持ちする。こういった日本の技術を支えているのは細かい作業と多くの検証です。そこから派生して「日本=細かい仕事が得意」へと変わり、「細かい仕事=数字」へと変わったのではないかと思います。あくまでも私見ですから深くは考えないでください。

つまりは「日本人は細かい仕事を得意としているから、同じ日本人であるあなたも得意でしょ?」ということです。得意な人は多いとは思いますが好きかどうかは別ですし、なにも日本人に限らず得意な人はいます。現に海外でも会計を得意とする人はいますしコンサルティング会社もあります。それに会計学や経済学なんかは海外が本場です。そうした事実があるのに未だに「日本人だから」という偏見はなくなりません。

根本的な理由は以上の通りですが、なぜ偏見がなくならないかについては仕事に対する意識の違いが影響しているのでしょう。

「日本人ってやっぱり真面目だよね」
「イタリア人と比べたらそうかもね」

お酒を飲みながらこんな会話をしたことがあります。イタリア人だけでなくヨーロッパ人の仕事に対する意識は
「遊びの合間に仕事をし、人生を楽しむために仕事をしている」となります。もちろん全員ではありませんが大抵はこんな感じです。

日本とは真逆ですね。多少は変わってきましたがそれでも日本では「仕事をするために生きている」と言っても過言ではありません。この意識の差が埋められるまで日本人は数字が得意と言われ続けることでしょう。

しかし日本の経済と技術を支えてきたのは日本人らしく生きてきた日本人です。だから日本だけでなく、それぞれにその国らしさがあって良いと思うのです。日本が海外の基準に合わせる必要なんてありません。下手に歩調を合わせようとするから「ゆとり世代」なんてものが生まれてしまうのです。

「ねえ?ここってどう行くの?」

これは日本で道を聞かれたときの話しです。相手は日本人の大学生たちでした。しかも第一声が「ねえ?」ですよ?いきなりですよ?見ず知らずの人を「ねえ?」と呼び止める。「なんてこった!」と思いましたが懇切丁寧に教えました。最後まで相手の言葉使いは変わらず、「サンキュー」というありがたいお言葉を残して去って行きました。

私の知っているゆとり世代の子は良い子ばかりなので「これが本物のゆとり世代か」と変に納得してしまいました。彼らには是非とも海外に出て欲しいところですね。

「数字が得意でしょ?」
「いやあ、ダメダメっすよ」

こんな会話が繰り広げられる日も近いかもしれません。

礼をするときに胸元で両手を合わせる日本人!

「日本人はどうしてお辞儀をするときに両手を合わせるんですか?」
「それはタイ人です」
「でも映画では…」
「それは映画です」
「でもご飯を食べるときに…」
「それは“いただきます”です」

かつてこのような会話をしたことがあります。来日した海外の俳優さんも勘違いしている人が多く、両手を合わせて礼をしていたりします。テレビや写真で見たことがあるのではないかと思います。

胸元で両手を合わせて礼をする。これはタイやインドなどの挨拶の仕方です。ただ、挨拶ではありませんが日本でもやることはあります。親しい人に迷惑をかけたときが典型でしょう。両手を合わせて「ごめんごめん」と言ってみたり、片手で手刀を切りながら謝罪してみたり…このように謝罪と“いただきます”を除いて日本人が頭を下げながら両手を合わせることはありません。

海外でこういった間違った“日本式のお辞儀”が定着してしまったのは映画の影響でしょう。日本の文化を知らない人は「映画に出てくるイメージこそ日本だ」と思い込んでいます。映画の世界ですから分かり易くするためにステレオタイプを用いています。日本人ならメガネにカメラ。古いものでは七三分けと出っ歯ですね。

既存のステレオタイプに色を付けて映画で流す。映画を見た人が演出された日本人を新しいステレオタイプとして認識する。生み出された新たなステレオタイプに演出を加えて映画にする。こうして悪循環に陥り、日本人のイメージがどんどん現実世界から離れていったのではないでしょうか。

お辞儀について当てはめて考えてみると、日本人役をしているアジア人、もしくは日本人をイメージして作られた演者が胸元で両手を合わせて礼をする。これを見た人が「日本人はこうやってお辞儀をするのか」と勘違いするというわけです。良いほうに解釈すれば両手を合わせることで分かり易く演出をした、とも言えます。まあ、演出だとしても誤解を与えるのは困りますけどね。

そうは言っても、ただの映画です。違和感を覚えたとしても娯楽は楽しむものです。細かい違いはどうでもいいじゃないかとも思います。しかし日本人としては瞬間的に「あれ?なんか違う」と感じしまうこともありますよね。無意識に感じてしまうというか、冷めてしまうというか…これは海外のドラマにありがちですが、すんごい片言の日本語をしゃべる日本人役の俳優さんとか(笑)。

あれって日本人からすると冷めますよね?なんでも海外の人からしたら日本語をしゃべらせるだけで「ワーオ!」となるようです。日本の人気が高いからこそ、日本語でしゃべらせるという側面もあるのでしょう。日本に興味があるということですから日本人としては嬉しい話しですよね。

でもこれって日本の映画やドラマでも同じことが言えます。ネイティブではない他国の人を起用して英語でしゃべらせる。これを見た海外の人は「おかしい」と感じるようです。しかし日本人からしてみればネイティブだろうが訛りがあろうが関係ありません。

「英語を話している」という事実が大事なのであって、訛りとかはどうでも良い話しです。そもそも、その国の視聴者向けに作られている作品ですからね。そういう意味では日本も海外も同じだということです。

脱線しましたが映画は楽しむものであり鵜呑みにして良いものではありません。もし間違えた日本式のお辞儀をする人を見かけたら容赦なく指摘してあげてください。一人一人の間違いを正していけば、いつかは正しいお辞儀が定着し、映画の演出にも影響を与えていくことでしょう。たぶん、きっと、いつかは、そうなることを祈っております。