日本には宗教がないんでしょ?いえいえ宗教はありますから

日本には寺院や神社が多くあります。それなのに宗教を持たない国民は多くいます。私もその一人です。信じ深くはありません。それなのにお寺巡りや神社へお参りに行くなど矛盾した行動をとっています。

自身では無宗教という信仰を持っているつもりです。海外の戦争なんて宗教に関するものが多いわけです。俗に言う宗教戦争ですね。私は特定の宗教を持たず、どんな意見でも良いものは取り入れるというタイプです。

しかしこのような宗教を持たない人というのは世界的に見ると非常に珍しいと言えるのではないでしょうか。(ヨーロッパでは宗教を持たない無宗教の人は大勢います。だから本当は珍しくはないのですが、便宜上「いない」としておきます)

以前にキリスト教徒の方から「どうして日本ではキリスト教が普及しないのか」と質問されたことがあります。そんなことを聞かれても私は日本人ですが日本の代表ではありません。「知るか!」と答えたい気持ちをグッと抑えて「宗教で争いがなくなったら普及するんじゃないの?」と適当に答えました。

でも実際のところはどうなのでしょうか。信仰心のない私にとって宗教というのは、個が集まった集団でしかありません。みんなで同じ経典や聖書などを読み、思想や意思を統一して協力していこう、みたいな感覚です。海外の人たちは個性が強いですからね。まとめるモノが必要だったのでしょう。そしてまとめる道具として生まれたのが宗教だった、というだけの話しかなあと考えています。

逆に日本人はモラルや礼儀などで団結しており、みんなが共通のルールを守ろうと意識しています。だから宗教の必要性がないのではないか、と思います。

ただ無宗教の人が多いからといって宗教がないわけではないんですよね。別の人から尋ねられたことですけど「日本には宗教がないんでしょ?何を信じてるの?」と聞かれました。「チミは何を言っとるのかね」と言い返しましたが本当にやれやれです。宗教はあるけど信仰を持っていない人が多いというだけの話しです。

日本人は無宗教。これも一種のステレオタイプとなるのでしょう。何かしらの信仰心を持つ人と持っていない人の割合がどれくらいかは分かりません。それでも5:5ということはないはずです。私の周りを見ると信仰心を持たない人のほうが多いように思います。

皆さんの周りで何かの宗教を信仰している人ってどれくらいいるか調べてみて下さい。私の周りでは5人です。いずれも祖父母や親戚ですね。そして日本人で、同世代の人であれば皆無でしょうか。上辺だけのエセ宗教家もいますがその人たちは除外しています。となると、やはり少ないですね。

まあ、海外の人からしたら信仰心を持っていないというのは不思議なのでしょう。洋画(特にアメリカ)を見ても宗教を絡めた話しは多くあります。それだけ浸透しているということでしょう。

さて、余談はここまでにしておきましょう。話しを戻して知人の「何を信じているのか」という質問に戻りますが、何を信じているのかと尋ねられたら「自分を信じている」としか言いようがありません。

それにまたまた私の話しですが神や仏がいるかいないかは別にして信じてはいます。科学では証明できない超常現象も信じています。ですが信仰心はありません。そういう人って日本では多いと思います。中には神も仏も信じず、超常現象も信じないという人もいるでしょう。いわゆる無神論者ですね。

そのあたりは人それぞれですが、神や仏を信じていても信仰心はない。これこそ矛盾で、これこそが日本人というものなのかもしれません。うーん、神秘です(笑)。

あなたは神を信じますか?