日本でもクジラを食べる人は少数派です

「捕鯨を止めろ」

海外の人から突然こう言われたらあなたならどうしますか?私は「ホゲー」と日本語で返します。意味は通じたり通じなかったりしますけどね。反捕鯨団体(シーシェパード)は日本を目の敵にしていたりしますが、私に言われても…という話しです。

「日本人ってクジラとかイルカを食べるんでしょ?野蛮だよねえ」

こんなことを言われても「食べたことはございません」と言い返すしかありません。クジラ肉が日本人の食卓に普通に上がっているみたいに思われていますが、食べたことがあるとしても数回ではありませんか?好んで食べる人もいるでしょうけどね。

とか言いつつ、そういえば私も1回あるかな?小さい頃に食べた記憶があるような、ないような。以前は給食でも普通に出ていたみたいなのですが、1980年代後半に入って商業捕鯨ができなくなり給食の舞台からも消えました。今ではスーパーでたまに見かけるくらいです。

このブログを書くにあたり、日本と捕鯨について少し調べてみましたが日本と捕鯨の歴史は縄文時代からあるそうです。先に言っておきますが、伝統的な食文化だから残したほうがいいとか、それでも廃止しろという話しではありませんよ?ただ、そんな昔から食べられていたのか、と少し驚いただけです。

クジラとイルカ。この二つは日本人にとっての鬼門です。鬼門としか言いようがありません。特定の国名を出すのはブログの趣旨に反するので言いませんがクジラとイルカ、そしてシーシェパードというと大抵の人には分かるかもしれません。

かの国にはシーシェパードが日本の捕鯨船の進路を妨害しているニュースが流れたりして悪いイメージがありますが、捕鯨に興味がない人もいます。日本文化に興味を持っている親日家もいます。どこの国にだって過激な人はいますし、人種差別だってあります。日本だって例外ではありません。

ですから今回の話しと政治的な、人種的な問題は切り離してください。そうはいっても切り離せない人がいるのがこの問題なんですよねえ。

そんなわけでクジラの話しに戻ります。鬼門の続きでしたね。私の感覚で申し訳ありませんが、身近な人でクジラを食べたことがあるという人は確かにいます。しかも結構な人が食べたことがあるみたいです。ただ、小さい頃に数回食べただけ、という人が多数を占めます。

日本の食卓を知らない人に「日本にはクジラ以外に食べるものはないの?」なんて聞かれたことがあります。そのときは「ジョークだよね?」と笑いながら聞き流しました。真面目に話してもあちらさんがヒートアップするだけです。だからスルーが一番というわけです。

そもそも私が興味を持っていないということもありますが、シーシェパードが日本の捕鯨調査活動を妨害しているニュースを見て「その程度の団体なんだ」としか感じませんでした。船に接触するとか一歩間違えば大惨事ですよ?

かつてどこかの漁船が海上保安庁の船に故意にぶつけたという事件がありました。私にはシーシェパードの行動もあの事件と同じような意味しかありません。

ですから私は一貫して無関心を貫く所存です。あとは日本人全員がクジラを食べているという誤解さえなくなれば安泰なのですが…実際のところ、これが一番難しいんですよね。本当にどうでも良いから日本人に尋ねるのだけは止めて欲しいと思う今日この頃です。

そして最後に日本人でグリーンピースとシーシェパードを混同している人もいますが一応別の団体ですからお間違いのないようにしてください。